ASKメモリアル 北村です。昨日は、孤独死の方の遺品整理を行いました。部屋での孤独死されて10日ほど経って発見されたそうです。今月はこれで部屋で亡くなった方の遺品整理が3件目のご依頼になります。故人はどのような想いで亡くなったのか、とても考えさせられます。

image

昨日の専務のブログを少し引用します。

改めてこの仕事の大変さと、そして誰かが片付けなければいけない。必要としている人がたくさんいる仕事だという事を実感しました。

そして思う事があります。

1枚の写真が部屋にありました。
お子さんと笑顔で写っている写真です。
孤独死をしたくて孤独死したわけじゃないんだと。必ず遺族がいて、出来ることならば遺族の側で亡くなるのが1番幸せだったんだと。
私達の職業は遺品整理という仕事ですが、これからもっともっと私達の仕事を色んな人に伝え、出来れば生きているうちに片付けてほしい。そして自分の親が孤独死にならないようにしてほしい。そう強く思います。


今後少子高齢化が進むと同時に高齢者の方の一人暮らしが急増します。間違いなく今回の様な孤独死の案件が増えてきます。


でも今の時代携帯1本で簡単に連絡がとれます。しっかりと親族の方と連絡を取れる様にし、ちゃんと元気でやっているか?困った事はないか?


もし心当たりがいる方は必ず連絡をとってください。

きっと誰もが孤独で死にたくないし、死んでまで人に世話になる事を望んでいないと思います。
だから私達に出来る事はこういう実態がある事、そして今後増え続けるだろうという事を伝える事だと思います。もっともっと想いの込めた遺品整理が出来るよう社員の皆んなと協力し合い今後も努力を続けていかないといけないと強く思いました。



私どもの会社を通して、少しでも、社会のお役に立てたらと強く感じた次第です。
これからも、努力し続けます。