石川県、富山県、福井県で遺品整理をしていますASKメモリアル 北村です。先日、弊社、会長北村がラジオFM-N1の生放送に出演致しました。


遺品整理を考えるをテーマに対談形式で遺品整理とは、という事で具体的実例をあげながら、上手な遺品整理の仕方などをお話させていただきました。
 image


弊社が遺品整理をするようになって6年目になりますが、遺品整理の重要性を年々感じています。

皆さま、ご自分達では、どうにもならない、とても自分達では気持ちの整理ができなく片つけられないと、ご依頼をいただきます。


物流を通して、もっと困っている人達のお役に立ちたい、その思いで始めた遺品整理ですが、今後もご依頼いただいた方に頼んでよかったと思ってもらえるよう努力していきます。

石川県、富山県、福井県遺品整理を営んでいますASKメモリアル北村です。
今回は8月にご依頼いただいた現場を少しご紹介したいと思います。

ご依頼先 葬儀会社様
場所        石川県金沢市
ご依頼経緯
 葬儀を終わらせたお客様で、故人のご自宅の整理をしたいが遺品が多くあり、遺族では整理が出来ないので、ということで依頼をいただきました。
今回、家自体を解体されるという事でしたが、御遺品、御不用品ともにたくさんあり、今回は2日半かけて整理いたしました。
また、今回は捜し物を見つけて欲しいとご依頼もあり、無事、見つかり、ご依頼主様にお返しいたしました。写真before,afterです。
Before
image
 image
image

After
image
image
image

少しでも、遺品整理を通して社会に貢献出来るよう努力致します。

石川県、富山県、福井県で遺品整理をしていますASKメモリアル 北村です。

最近は、葬儀会社様の提携も進み、ご紹介が非常に多くなってきました。

とてもありがたい事です。ありがとうございます。

今月は発展途上国にコンテナを2本送れそうです。40フィートのコンテナもこの時期は

中が50度以上になり灼熱地獄?のような状態ですが、
image

昨年からは始め
3か月1本だったのがいまでは毎月1本~2本送れるようになってきました。
image

 発展途上国にコンテナを送れるということは、それだけお客様のご依頼がいただいている事、ゴミの廃棄削減できている事、発展途上国の貧しい人々の役にたっていること、そして故人の大切につかわれていた遺品を廃棄ではなく、再利用という形で発展途上国に貢献できている事、輸出を始めた目的は、きっと故人も依頼者様も遺品も喜んでくれると思い始めた輸出ですが、コンテナを送りだすたびに、それを日々感じています。
image

もっとASKメモリアルに頼んでよかったと思ってもらえるよう努力していきます。 

↑このページのトップヘ